機械彫りと違う点

手彫りイメージ

印鑑をこれから購入しようと思っている方、印鑑の買い替えをしようと思っている方、また、これから会社を起こそうと思っている方はどんな印鑑をお求めでしょう?

印鑑を買うときというのはそんなにちょこちょこ買い替えるということはしません。
ですから、新しく買うときも買い替えるときにも、「せっかく買うんだから」という気持ちはどこかにあると思います。

そう、せっかく買うんだから、手彫りの美しい印鑑はどうでしょう?
手彫りの印鑑というものは手間隙かけてつくられたものです。
手彫りの印鑑いいところは、もちろん機械で大量生産されたものや機械彫りに比べて印面がとてもキレイで文字が柔らかいといわれています。
そして印面がきれいなだけでなく、朱肉のノリが違うといいます。

そして美しい手彫りが機械彫りと違う点としては、印影が違うということです。
それはとても重要なことなのです。
印影が違うというのは、手彫りの印鑑というものは決して同じものができないということでもあるので、ちょっと見た感じでは同じでもきちんと調べたら同じものはないのです。
そしてそれは大きな意味があります。
それは偽造されることを防止することができるということです。
大量生産ではない機械彫りの印鑑でも、手彫りの印鑑に比べたら同じものにぶつかる可能性は非常に高いのだそうです。
法人で使う印鑑には、たとえ社印であってもこの方法をとっておけば安心ですね。

実際に手彫りで印鑑をつくっていたということでトラブルに巻き込まれずに疑いが晴れたという人もいるのです。
美しい手彫りの印鑑を持つことで危険な目に遭わずにすむって、すごいことですよね。

ページの先頭へ